スポンサーリンク

日本で人気のリップル(XRP)に朗報が入ってきました。

大手クレジットカード会社「American Express(アメリカン・エキスプレス)」が、仮想通貨リップルを使用した即時支払いシステムの実装を完了しました。

You may never invest in bitcoin, but the cryptocurrency may soon impact how you transact your financial business.

American Express recently implemented an instant payment system using Ripple, a cryptocurrency that is based on the same blockchain technology as bitcoin. While these transactions are currently limited to US corporate customers sending funds to United Kingdom-based businesses, a wider use may be on the horizon.

San Francisco-based Ripple is backed by firms including Accenture and SBI Holdings. The firm’s main focus is using blockchain technology to facilitate safe, secure, cross-border payments.

The Amex/Ripple deal is one of the first widespread uses of blockchain. You may have heard of blockchain; it too has been all over the news recently. While it’s tied to bitcoin, it’s not a currency. Instead, it’s a new kind of technological backbone that provides a way to record and transfer data that is transparent, more auditable and, supposedly, resistant to outages. Blockchain can also potentially reduce the complexity and cost of processes like securities settlements and international payments That’s powerful stuff.

~翻訳~

あなたはビットコインに投資することは決してできませんが、暗号の影響はまもなく金融ビジネスをどのように処理するかに影響を与える可能性があります。 American Expressは最近、Bitcoinと同じブロックチェーンテクノロジに基づいた暗号化方式であるRippleを使用した即時支払いシステムを実装しました。これらの取引は現在、英国に本拠を置く企業に資金を送付する米国の法人顧客に限定されていますが、より幅広い利用が考えられます。 サンフランシスコに本拠を置くRippleは、AccentureやSBI Holdingsなどの企業に支えられています。同社の主な焦点は、ブロックチェーン技術を使用して、安全で安全な国境を越えた支払いを促進することです。 Amex / Rippleの取引は、ブロックチェーンの最初の普及の1つです。ブロックチェインについて聞いたことがあります。それも最近、ニュースのいたるところにあります。それはビットコインに縛られているが、それは通貨ではない。代わりに、これは、透明性が高く、監査可能で、おそらくは停止に強いデータを記録して転送する方法を提供する、新しい種類の技術的バックボーンです。ブロックチェーンは、有価証券決済や国際支払いなどのプロセスの複雑さとコストを潜在的に削減することもできます。それは強力なものです。
引用元:Retirely

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事