スポンサーリンク

オーストラリアの大手金融機関は、顧客がビットコインのような仮想通貨を購入することを禁じるという考え方について否定的だと発言しました。
また、国内の大手銀行だけでなく、クレジットカード会社も、ユーザーが仮想通貨を購入するのを止める意図はないとのこと。
仮想通貨取引所のようなビジネスとして仮想通貨を取り扱うことは懸念されるが、ユーザーが自己資金で仮想通貨を買うのは構わないという姿勢を見せています。

~翻訳~

オーストラリア最大の銀行は、顧客がビットコインのような仮想通貨を買うことを禁じているという考えを否定している

米国のウォールストリート銀行と主要な英国銀行グループと比べると、オーストラリアの伝統的な「ビッグ4」銀行は、クレジットカード、オーストラリアのABCニュースなど、銀行のサービスを利用して顧客のクリプトクロスを購入することを控えることはありません。

オーストラリアとニュージーランド・バンキング・グループ(ANZ)は、規制されていない性質のために、暗号化の発行者、ディーラー、または取引所として事業を行うことを拒否しているが、その顧客はお金で暗号化通貨を購入している。

ANZのスポークスマンはABCと会談し、「デジタルや暗号化の通貨を購入したり、支払い方法として受け入れたりすることを禁じていない」

オーストラリアの2番目に大きな時価総額の銀行であるウェストパックの広報担当者は、「現在、私たちは、クレジットカードの使用に制限を設けていない。

一方、ナショナル・オーストラリア・バンク(NAB)は、特定のセキュリティ・フラグが発動されると、顧客のリスクを軽減するために「カード取引」にブレーキをかけることを示唆した。コモンウェルス銀行はこのような方針を確認したり拒否したりしていないが、顧客が暗号化通貨を購入することを禁止しているとは考えていない。

オーストラリアは、すでに交換会社を金融情報機関(AUSTRAC)の監視下に置くことで、暗号法交換に関する規制を新たな法律と締結しています。

銀行の姿勢は将来変わる可能性があるが、現在の明確な声明は、英国と米国の大手小売銀行の動きに反している。昨日、英国の大手銀行グループであるLloyds Group は、900万人のクレジットカードユーザーが暗号化通貨を買うことを阻止することを確認し、揮発性の暗号侵害市場の中で将来の未払い債務の増加を懸念した。この禁止は、子会社のハリファックス、MBNA、およびスコットランド銀行に及ぶ。

クリプトコラボレーションの購入を阻止する政策におけるLlyodsの変化は、週末に2つの主要米国銀行が行った同様の動きに続く。米国最大の銀行であるJPモルガン・チェースとバンク・オブ・アメリカの両社は、クレジットカードを使用した暗号違反購入を禁止した。土曜日にJPモルガンの禁止措置が発効したが、ボアの個人向けクレジットカードと業務用クレジットカードへの禁止は金曜日に開始された。シティグループはまた、クレジットカードでの暗号違反購入を停止したが、暗号侵害市場が進化するにつれてその方針を「再検討」することを確認した。

~原文~

Australia’s ‘Big Four’ Banks Will Not Prohibit Bitcoin Buy Transactions

Australia’s biggest banks have ruled out any notion of barring customers from buying cryptocurrencies like bitcoin.

In marked contrast to a handful of US-based Wall Street banks and one major UK banking group, Australia’s traditional ‘big four’ banks won’t be withholding their customers from buying cryptocurrencies using their banks’ services, including credit cards, Australia’s ABC news reports.

While Australia and New Zealand Banking Group (ANZ) rejects dealing with businesses operating as ‘issuers, dealers or exchanges’ of cryptocurrency due to their unregulated nature, the bank has no qualms about its customers buying cryptocurrencies with their money.

Speaking to ABC, an ANZ spokesman said the bank:“[D]oes not prohibit buying digital or cryptocurrencies, or accepting them as a form of payment.”

A spokeswoman for Westpac, Australia’s second-largest bank by market capitalization, added: “We currently have no restrictions on credit card use to purchase cryptocurrency.”

National Australia Bank (NAB), meanwhile, hinted at putting the brakes on ‘some card transactions’ to reduce customer risks if certain security flags are triggered. While the Commonwealth bank hasn’t confirmed or denied such a policy, there are no instances to suggest the bank is barring customers from buying cryptocurrencies.

Australia is already pressing ahead with regulations for cryptocurrency exchanges with new legislation bringing exchange operators under the purview of the country’s financial intelligence agency and watchdog, AUSTRAC.

While the banks’ stance could change in the future, their clear statements in the present run contrary to the moves made by a handful of major retail banks in the UK and the US. Yesterday, British banking giant Lloyds Group confirmed it would block its 9 million credit card users from buying cryptocurrencies, fearing a rise in future unpaid debts amid volatile cryptocurrency markets. The ban extends to its subsidiary banks Halifax, MBNA and the Bank of Scotland.

Llyods’ shift in policy to bar cryptocurrency purchases follows similar moves made by two major US banks over the weekend. JPMorgan Chase, the largest US bank, and Bank of America have both placed a ban on cryptocurrency purchases using credit cards. JPMorgan’s ban went into effect on Saturday while BoA’s ban, which extends to personal and business credit cards, kicked in on Friday. Citigroup has also halted cryptocurrency purchases on its credit cards but confirmed it would ‘review’ its policy as the cryptocurrency market evolves.

引用元:CCN

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事