スポンサーリンク

アメリカの大手取引所Coinbaseが数週間以内にビットコインのSegWitを実装すると発表しました。
Segwitは仮想通貨の送受金時に取引データを別領域にて格納する事で、ネットワークの混雑を解消し、送金スピード・手数料を軽減する効果があります。
ビットコインは最近はトランザクションの詰まりなどが問題になっているのでSegwit実装により送金スピードが上がることが期待されています。

~翻訳~
Coinbaseが数週間以内にでSegWitを実装へ
Coinbaseは、顧客の取引手数料を削減し、ネットワーク全体の混雑を減らすことを約束する動きとして、今後数週間以内にSegWitのサポートをリリースすることを発表しました。

同社は、「当社のエンジニアリングチームがBitcoin用のSegWitの最終テスト段階を開始しました」と、「今後数週間以内にSegWit互換のBitcoin送受信を利用できるようになる」とTwitterで発表しました。

CCNが報告しているように、SegWit(またはSegregated Witness)は、Bitcoinネットワーク上で、昨年8月にソフトフォーク経由でアクティブ化されました。トランザクションのサイズを小さくすることにより、SegWitは料金を削減し、Bitcoinブロックの限られたスペースを最適化します。ただし、SegWit互換のウォレットアドレスを使用する場合にのみ、この機能を利用できます。

ハードウェア財布メーカーのTrezorのデータによると、Bitcoin取引の約15%は現在SegWitを採用しており、1月下旬には約18%から低下しています。この最近の削減は、従来のアドレスからSegWitと互換性のあるアドレスに資金を移行するために、より低い取引手数料を利用しているユーザーにつながる可能性がありますが、スケーリングのアップグレードがもたらすメリットはネットワークにはないCoinbaseといくつかの大企業では実装が遅れているためです。

これらの企業は、特にCoinbaseが生態系への進入路として普及しているため、コミュニティで多くの人々から批判を浴びました。なぜなら、彼らは議論を巻き起こしているSegWit2xの提案を、取引手数料の高騰を理由に支持していたからです。 SegWit。

この緊急性の欠如は、単にCoinbaseの顧客以上の怒りを引き起こしました。モバイル補充サービスBitrefillのCEOであるSergej Kotliar氏は、Coinbaseが停電を経験したのと同時に、確認されていないBitcoinトランザクションの数が急激に減少したことを指摘しました。これは、CoinbaseトランザクションがBitcoinの取引手数料の増加市場の集会の高さに近い。

12月のブログ記事では、新機能の追加はエンジニアリングの優先事項リストの第3位であり、顧客資金の確保と、ピーク時のプラットフォームでの安定性の維持の背後にあるという批判に応えました。市場のボラティリティの間に。

「顧客に代わって数十億ドル相当のビットコインを保管し、インフラストラクチャへの変更は、当社プラットフォームのセキュリティと安定性のための重要な計画と配慮によって行われます」と、同社は述べています。

~原文~

Coinbase to Implement SegWit ‘In the Next Few Weeks

Cryptocurrency brokerage firm Coinbase announced that it plans to release support for SegWit “in the next few weeks,” a move that promises to reduce transaction fees for customers and reduce congestion across the entire network.

The company made the announcement on Twitter, stating that “our engineering team has begun the final testing phase of SegWit for Bitcoin” and that “SegWit-compatible Bitcoin sends/receives will be available for customers in the next few weeks.”

As CCN reported, SegWit (or Segregated Witness) was activated on the Bitcoin network via a soft fork last August. By decreasing the size of transactions, SegWit lowers fees and optimizes the limited space in Bitcoin blocks. However, users only take advantage of this feature if they use SegWit-compatible wallet addresses.

According to data from hardware wallet manufacturer Trezor, only about 15 percent of Bitcoin transactions currently employ SegWit, down from a high of about 18 percent in late January. This recent reduction could be linked to users taking advantage of lower transaction fees to move funds from legacy addresses to SegWit-compatible ones, but in any case it is clear that the network is not experiencing the full benefits that the scaling upgrade offers, in part because Coinbase and a few other large firms have been slow to implement it.

These companies — Coinbase in particular due to its ubiquity as an on-ramp into the ecosystem — had been roundly criticized by many in the community because although they supported the controversial SegWit2x proposal, citing rising transaction fees, they appeared to drag their feet on implementing SegWit.

This lack of urgency incurred the ire of more than just Coinbase customers. Sergej Kotliar, CEO of mobile top-up service Bitrefill, noted that the number of unconfirmed Bitcoin transactions plummeted at the same time that Coinbase was experiencing an outage, which suggests that Coinbase transactions were heavily responsible for network congestion that contributed to rising Bitcoin transaction fees near the height of the market’s rally.

In a December blog post, the company responded to these criticisms by stating that adding new features was third on its list of engineering priorities, behind securing customer funds and keeping its platform stable during periods of peak volume — a goal it has often failed to achieve during market volatility.

“We store billions of dollars worth of bitcoin on behalf of customers and any change to our infrastructure is done with significant planning and consideration for the security and stability of our platform,” the company said.

引用元:CCN

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事