スポンサーリンク

仮想通貨取引所に行政処分

金融庁は8日、仮想通貨交換業者7社に対して行政処分を発表しました。
内部管理やセキュリティー対策が不十分な業者を処分し、利用者の資産保護を最優先し、安全な取引環境を整える事が主な目的となります。
以下、業務停止命令をされた2社・業務改善命令の5社となります。

セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

業務停止命令(2社)

FSHO
ビットステーション
スポンサーリンク

業務改善命令(5社)

GMOコイン 関東財務局006
Zaif(テックビューロ) 近畿財務局002
コインチェック
バイクリメンツ
ミスターエクスチェンジ

仮想通貨取引業者に関連する記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事