スポンサーリンク

国内の仮想通貨取引所コインチェックでの580億円のハッキング被害に続いてイタリアでも200億円の不正流出の流出事件が起きてしまいました。
イタリア仮想通貨取引所「BitGrail」は日本時間2月10日、仮想通貨「Nano(XRB)」で不正な取引があったと発表しました。

~翻訳~

重要な注意

Bitgrail Srl内部の小切手による不正な取引が明らかになり、Bitgrail Srlによって管理されている金銭の一部を構成する金額である1700万のNanoの不足がユーザーに伝えられました

今日、これらの詐欺行為に関する告発が管轄当局に提出され、現在は警察の調査中です。
他の通貨は関与していないことをお知らせします。

さらなる検証を行うために、すべての活動は一時的に中断されます(出金と預金を含む)。この手順は、ユーザーのセキュリティにとって不可欠です。

私たちは、お客様に深く謝罪します。
その他の発表はまもなくリリースされる予定です。
ご注意いただきありがとうございます。

引用元:BitGril

~翻訳~

Bitgrail Srlは、引き出し操作の妥当性の内部検証チェックから、nの不足を招いた不正なトランザクションが発生したことをユーザーに伝えます。Bitgrail Srlによって管理されるポートフォリオの一部を形成するNano caの17百万

上記の詐欺行為に対して、今日の規則的な苦情申し立てが有能な警察当局に提出され、警察の調査が進行中である。

寄託された他の通貨は、不正な引き出しの影響を受けていないことに注意してください。

何が起こったかをさらにチェックするために、予防措置として、またユーザーを保護するために、引き出しや預金を含むサイトのすべての機能が一時的に中断されます。

私たちは、私たちの顧客に、そして私たちのプラットフォームにNanoを違法に譲渡するすべての関係者に心からお詫び申し上げます。
まもなくさらなるプレスリリースが続きます。
ご注意いただきありがとうございます。

引用元:BitGril

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事