スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

オーストリアが金取引やデリバティブ取引のガイドラインを適用し、仮想通貨やICOを規制する方針を発表しました。

~翻訳~

オーストリアは、暗号通貨を規制する予定の国のリストに加わり、金取引やデリバティブ取引の既存のモデルをモデルとして使用する予定です。

ブルームバーグ氏によると、政府の中心的な懸念は、マネー・ローンダリングのための暗号化された通貨の使用を抑制しているということだ。同様に、従来の金融商品の監督措置を暗号資産にまで拡大したいと考えています。

Hartwig Loeger財務相は、「Cryptocurrenciesは、マネーロンダリングとテロ資金調達との戦いにおいて重要性を増しています。その結果、彼は続けて、「私たちはもっと信頼と安全が必要です」と続けました。

Loegerは、暗号取引市場参加者にすべての取引当事者を特定させ、政府の財務情報部門に10,000ユーロ($ 12,300)以上の取引を開示することを含む、政府が実施する予定のいくつかの措置を概説した。

同規則は、初期コイン・オファリング(ICO)についてもカバーする予定であると、ロガー氏は述べている。政府は市場操作、インサイダー取引、フロントランニングに関する既存の規則を適用し、主催者は金融市場局(FMA)に「デジタル目論見書」を提出する必要がある。

財務相は、オーストリア政府がOptiomentと呼ばれる会社によるビットコイン詐欺容疑で容疑者を捜査しているとの報告を受け、最大115百万ドルの投資家損失をもたらした可能性があるという。

Loegerはまた、EUが暗号侵害規制を実装すべきであると提案した。これは、欧州委員会が 木曜日に、未確認の「市場選手」に加えて中央銀行と市場監督指数が来週に会合して議論することを発表したことで、これは成果を上げる可能性が ある。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事