スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。


日本最大級のクラウド・ソーシングを提供するランサーズ株式会社がブロックチェーン評価システムやスキルシェアサービスを提供するbeepnow(ビープナウ)と事業連携したと発表しました。

今後は、ランサーズが展開するクラウドソーシングサービス「Lancers」とbeepnowが展開するスキルシェアサービス「beepnow 」と連携を行い、ブロックチェーン技術による個人の評価システムを構築していくとのことです。

beepnow(ビープナウ)とは?

beepnow(ビープナウ)は、「仕事を依頼したい人」と「スキルがある人」をGPSやカテゴリー検索によってマッチングし、依頼から決済までの全てをスマートフォンおこなうことができるスキルシェアリングプラットフォームです。

例えば、自宅周辺にいる医師、看護士、弁護士やシステムエンジニア、プロトレーナーなどへの専門的な依頼や、家事、料理教室、英会話、宅配便の再配達なども依頼することができます。

このツールを活用することにより、「仕事を依頼したい人」は選択肢の幅が広がりより良いサービスを選ぶことができるようになります。

「スキルがある人」はそれを活用し収入を得ることができます。

このプラットフォームでは人工知能とブロックチェーンを活用し、すべての人材に対し独自の評価をおこなうことで両者が安心して利用できる仕組みも導入しています。

フリーランス総合支援プラットフォーム ランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 秋好 陽介、以下「ランサーズ」)は、beepnow OÜ(Pikk 17-7, Tallinn, Estonia, 10123、代表:Alex Tsai、以下「ビープナウ」 )と連携し、評価経済の実現に向けたブロックチェーン技術に関する開発を開始いたします。
第一弾として、ビープナウが展開するスキルシェアサービス「beepnow 」とランサーズが展開するクラウドソーシングサービス「Lancers」のサービス連携を行い、ブロックチェーン技術による個人の評価システムを構築してまいります。
インターネットサービスに関する評価の難易度をブロックチェーン技術によって可視化し、「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」というビジョンのもと、新たな事業展開を進めてまいります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事