スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。
仮想通貨ニュースアプリ

ICOChannel
国外のICOプロジェクトを和訳してお届け!
最先端の海外発の和訳されていないICOプロジェクトのホワイトペーパーやPR動画が日本語で理解できます。
国内外の仮想通貨マイニングについての最新情報をお届け!
実際の運用レポートや最新機器などの情報など、
既にマイニングをされている人やこれから取り組もうとしている事業者にも有益な情報が手に入ります。
最新の仮想通貨情報から独自のマイニング情報も手にすることが出来る無料の仮想通貨専門ニュースアプリです。

 

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が7日に起こったフィッシング詐欺事件の概要を公式サイトで発表しました。
簡潔にまとめると、実際にハッキングは起こったが、バイナンス側はすぐにその問題に気付きハッカーが資金を引き出す前に出金停止対応を停止して盗難を防ぐ事に成功。
不正に売買されたアルトコインはロールバック(ハッキングされる前の状態に戻す)により返却され、既には業務も再開しています。

今回の、バイナンスの迅速な対応は世界中で称賛されています。

3月7日、UTC 14:58-14:59に、この2分間でVIA / BTC市場は異常な取引活動を経験した。当社の自動リスク管理システムが起動され、すべての引き出しが即座に停止された。

これは大規模なフィッシングと盗みの試みの一環でした。

これまでのところ、すべての資金は安全であり、資金は盗まれていない。

ハッカーは、長期間にわたってユーザーアカウントの資格情報を蓄積しました。最も早いフィッシング攻撃は1月初めになったようだが、2月22日頃、ユニコードドメインを使用したフィッシング攻撃が多数見られ、binance.comと非常によく似ていた。 2文字の下に 多くのユーザーがこれらのトラップやフィッシング詐欺の対象になりました。これらのユーザーアカウントを取得した後、ハッカーはアカウントごとに取引APIキーを作成しましたが、昨日までこれ以上のアクションは行いませんでした。

昨日、前述の2分の間に、APIキーを使用したVIA / BTC市場に多数の市場買取が行われ、価格が高くなりました。これはBTCをフィッシング勘定から31勘定に移動しようとする試みでした。その後、これらの口座から引き落とし要求がすぐに試行されました。

しかし、当社のリスク管理システムによって引出しが自動的に無効化されたため、引き出しは成功裏に終了しませんでした。さらに、ハッカーによって寄託されたVIAコインも凍結された。ハッカーはコインを盗むだけでなく、コインも控えていた。

ハッカーたちはよく組織されていた。彼らはすぐに行動を起こさないほどの辛抱強く、行動する最も適切な瞬間を待っていました。また、流動性の小さいコインであるVIAを選択して、独自の利益を最大化しました。

Binanceの徹底したセキュリティチェックの後、引き出しを再開しました。トレーディング機能は決して影響を受けませんでした。これらのハッカーによってフィッシングされたアカウントとそのBTCがVIAやその他のコインを購入するために使用されたアカウントを持つユーザーはまだいます。残念ながら、これらの取引は、相手方としてのハッカーの口座に対して実行されませんでした。したがって、我々はこれらの取引を逆転する立場にはない。すべてのトレーダーに、アカウントクレデンシャルを確保するための特別な予防措置を講じてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事