スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)米ドル(USD)の取引が可能になると海外のニュースメディアBitPlexが報道しました。
Binance(バイナンス)では現在はフィアット(法定紙幣)での取引ができませんでしたがUSDでの取引が可能になればさらに取引量が増加することが見込まれています。

Binanceの事業は、欧州連合(EU)の友好国であるマルタに移った。バイナンスの本部は香港にありますが、彼らはいつも外に出たいと思っていました。中国には予測不可能な暗号化規則があるため、Binanceは新しい永続的な基盤を探したいと考えました。彼らは日本への移動を申請したが、日本の金融庁が交換所に警告を出した後、彼らはマルタに移ることにした。

マルタで事務所を開くと、Binanceにはいくつかの利点があります。そのうちの1つは、人々が米ドルまたはユーロで直接暗号を購入できるように、平等な暗号取引のペアを設定することができるということです。これまでは、Bitcoinを他の取引所から購入し、それをBinanceに移してAltcoを購入しなければなりませんでした。

バイナンス最高経営責任者(CEO)は、地元の銀行との取引を確保することに近いと述べている。これにより、Binanceは平等な通貨で預金および引き出しを行うことができます。

"我々はすぐに銀行提携を発表することができると非常に確信している"と趙は言った。「マルタは、暗号とフィンテックに関しては非常に進歩的です。」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事