スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。


22日、金融庁より業務改善命令を受けていたbitFlyer(ビットフライヤー)が新規顧客の口座開設を一時停止する方向で調整に入ったとYOMIURI ONLINEが報道しました。

マネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐ為の本人確認や、システムの安全対策などをしっかりと整えたうえで、再開するとのことです。

※6月22日15時時点ではまだ口座開設は可能な状態です。

まだbitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設をされていない方口座開設ができなくなる前に開設することをおすすめします。

金融庁は22日、仮想通貨交換業大手「ビットフライヤー」に対し、顧客管理体制に問題があるとして、改正資金決済法に基づく業務改善命令を出した。これを受け、ビットフライヤーは、新規顧客の受け入れを当面停止する方向で調整に入った。マネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐ本人確認や、システムの安全対策などを整えたうえで、再開する方針だ。

ビットフライヤーは業界大手で、新しく発足した自主規制団体でも中心的な役割を担っている。

金融庁は顧客保護のために業者への監視を強めてきた。これまでは特例で営業を認められている「みなし業者」を優先的に点検し、全16社のうち10社に業務停止命令や業務改善命令を行った。

みなし業者の対応に一定のめどが立ったことで、登録業者についても問題の有無を詳しく調べていた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事