スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

韓国の大手取引所Bithumb(ビッサム)が日本とタイへの進出を予定していると韓国メディアZDnet Korea報道しました。

報道によれば日本では来年の2月頃に取引所を開設タイでは今年10月にも取引所を開設を予定しています。

また、Bithumb(ビッサム)「日本で一番取り扱う通貨の数が多い取引所を設立したい」としておりますが、とても厳しいとされている金融庁の認可が降りるかどうか懸念されています。

現在は日本の金融庁や、タイの証券取引委員会(SEC)への認可手続きを進めているとのことです。

~翻訳~
ビッサムはタイと日本に仮想通貨取引所を設立する。それぞれ10月、来年2月にオープンすることが目標だ。
現在、タイ証券取引委員会(SEC)と日本金融庁の取引所運営許可取得を進めている。

ビッサムは、英国のビッサム欧州法人も設立して取引所の事業を準備中だ。
今年の世界主要国に同時多発的に現地取引所を設立している。

取引所を設立して、仮想通貨取引量の規模を拡大し、仮想通貨ベース決済を含めてフィンテック事業拠点を用意するための歩みに解釈される。

​13日ビッサムタイ、ビッサム日本のホームページによると、ビッサムは、3月ビッサム、タイの法人(有限会社)を、今月ビッサム日本の法人(株式会社)を設立した。


タイは、タイSECの承認を取得できれば取引所を運営することができる。これビッサムはSEC許可取得手続きを踏んでいる。10月末のサービスを開始する計画である。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事