スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットフライヤー
言わずと知れたビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
セキュリティも非常に高く世界一の評価を得ています。初心者の方は必ず開設しておきたい取引所です。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。


13日、中国の巨大複合企業ワンダグループ(大連万達集団)のテクノロジー部門ワンダ・インターネット・テクノロジー・グループは、消費者と小売業者をつなぐ「エコシステム」を開発し、オークランドに本部を置くブロックチェーン会社、セントラリティと戦略的提携を結びました。

この業務提携の発表でCENZZの価格が70~80円程度と上昇しています。

~翻訳~
大連ワンダのテクノロジー部門ワンダ・インターネット・テクノロジー・グループは、消費者と小売業者をつなぐ「エコシステム」を開発し、ワンダ・グループの企業商人を務めるオークランドに本部を置くブロックチェーン会社、セントラリティと戦略的提携を結んだ。

共同作業の目的は、現実世界で動作するスケーラブルで安全なブロックチェーンアプリケーションを構築することです。この提携は、グローバル成長の可能性を秘めたブロックチェーンに焦点を当てた事業を特定し、インキュベーターや投資プログラムに追加することにも焦点を当てると同社は 発表した。ロンドンを拠点とするブロックチェーンの専門家Qadre、スイスのブロックチェーンエンターテインメントエコシステムであるSingularDTV arもこのプロジェクトに参加しました。

世界のブロックチェーン産業は2016年に2億2,800万米ドルと評価され、6年で2000%の増加である2023年には54億米ドルに達すると予測されています。アジアは、年間成長率が最も高く、中国は同地域のリーダーであると、連合市場調査によると、

CMN特注レポートホワイト728×90

アーロン・マクドナルド最高経営責任者(CEO)は、「当社の事業はブロックチェーンの機会に完全に合致しており、政府、産業および消費者部門におけるブロックチェーンの採用を推進することができると考えている」と語った。ブロックチェーン対応のインフラストラクチャを使用してアプリケーション市場を構築することができます。

ワンダはしばらくの間、ブロックチェーンの開発に従事してきました。2016年にLinux FoundationのHyperledgerプロジェクトに正式に加わり、中国の唯一の理事に就任しました。また、昨年3月、賢いサプライチェーン、医薬品管理、財務および請求書発行のためのブロックチェーンプラットフォームPolarisを発表しました。

Wandaのインターネットテクノロジーグループは、2016年にWandaの財務グループから分割されました。これは物事のインターネットに焦点を当てており、モバイル決済、オンラインローン、インターネットデータビジネスに従事しています。

大連雲南省の他の事業は財政的課題に直面しています。2月には、ワンダはによると、アリババにRMB7.8億(US $ 1.24億)と国営投資グループのためにその記載されているフィルム事業ワンダフィルムにおける複合12.77パーセントの株式を売却することに合意し 、そのセキュリティファイリング。同月、ワンダ は、 Tencent Holdings Ltd.、Suning Holdings Group、JD.com、中国の不動産開発業者Sunac China Holdings に約3400億元(54億米ドル)の財産を提供する大連ワンダ・コマーシャル・プロパティーズの資産ユニットの14%グループ。また、ロンドン とオーストラリアでもその物件を売却しています 。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事