スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

現在は仮想通貨売買で出た利益に対して非課税となっている韓国ですが、韓国金融庁が2018年6月末までに仮想通貨課税に対する枠組みを発表し、2019年から課税を開始すると韓国のニュースサイトfnnews.comが報道しました。

~翻訳~
最近開催されたG20(主要20カ国)財務相会議で仮想通貨関連のグローバル共同規制案設け時期が7月延期された。これにより課税を含む国内仮想通貨規制時計もこれ合うと予想される。最大の関心事は、課税方式である。企画財政部は6月末までに仮想通貨課税案を用意するという立場だ。現在譲渡所得税やその他の所得税賦課が有力な中挙げられている。これと共に政府は6月にソウルで仮想通貨の国際会議とG20国際金融システム2次実務会議を連携して開催することにした。

25日、企画財政部の関係者は、「具体的な時期は決まっていないが、上半期中に仮想通貨課税案発表を考えている」と述べた。現在、政府は、国務調整室をコントロールタワーとして、各省庁別の次官級人事で構成され、タスクフォース(TF)を介して仮想通貨課税案を検討している。有力な案仮想通貨売買で発生した収益に税金を課す譲渡所得税だ。もし仮想通貨取引で得た利益を一時的不規則と見なさ場合その他の所得税が課されることができる。仮想通貨取引で発生した所得に対して課税をするためには、これを課税対象に追加する所得税法改正が必要である。今年8月頃に記載部税法改正案に仮想通貨に関連案含まれ、国会に提出された時期を考慮すると、来年から課税が可能と予想される。

各国仮想通貨課税の実態を覗き込む作業も行われている。記載部、1月セジェシル従業員を米国、日本、ドイツ、イギリスなど海外各国で派遣して仮想通貨課税実態を把握してきた。政府の調査結果、海外主要国の課税実態は千差万別であることが分かった。現在、米国と英国の場合、譲渡所得税、日本は雑所得、ドイツは他の所得に課税を実施している。各国ごとに支払い手段、貨幣性、金融性資産等で異なりみるなど仮想通貨の性格がそれぞれあったからだ。ただし、これらの国々は「所得のあるところ税金いる」は、課税の原則を立てたのとは異なり、実際の税金を賦課した事例はほとんどなかったことがわかった。

韓国政府もまだ税率、課税基準時点などを議論しているという立場で具体的な課税方式設けまで多少時間がかかることが予想される

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事