スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。
仮想通貨ニュースアプリ

ICOChannel
国外のICOプロジェクトを和訳してお届け!
最先端の海外発の和訳されていないICOプロジェクトのホワイトペーパーやPR動画が日本語で理解できます。
国内外の仮想通貨マイニングについての最新情報をお届け!
実際の運用レポートや最新機器などの情報など、
既にマイニングをされている人やこれから取り組もうとしている事業者にも有益な情報が手に入ります。
最新の仮想通貨情報から独自のマイニング情報も手にすることが出来る無料の仮想通貨専門ニュースアプリです。

 

イーサリアムクラシック(ETC)がハードフォーク

イーサリアムクラシッが5月15日頃ハードフォークを予定しています。今回のハードフォークの内容は現在備わっているイーサリアムクラシック難易度調整(ディフィカルティボム)の機能をハードフォークによって取り除く予定です。

難易度調整(ディフィカルティボム)はマイニング報酬や作業時間をプログラム上で調整して、採掘(マイニング)を難しくしていく方法のことです。これにより徐々にマイニング作業の難易度を意図的に挙げています。

マイニングの難易度(ディフィカルティ)が上がることで、将来的にはマイニングが不可能になってしまいます。

今回のイーサリアムクラシックの場合、5,900,000ブロック目にディフィカルティボムを控えており、これを除去しなければ2018年9月頃にはマイニングができなくなることが推測されています

イーサリアムクラシックはイーサリアムと違いPoSへの移行予定がないため今回のハードフォークで対応するものと見られます。

イーサリアムクラシック(ETC)が購入できる取引所

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事