スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。
仮想通貨ニュースアプリ

ICOChannel
国外のICOプロジェクトを和訳してお届け!
最先端の海外発の和訳されていないICOプロジェクトのホワイトペーパーやPR動画が日本語で理解できます。
国内外の仮想通貨マイニングについての最新情報をお届け!
実際の運用レポートや最新機器などの情報など、
既にマイニングをされている人やこれから取り組もうとしている事業者にも有益な情報が手に入ります。
最新の仮想通貨情報から独自のマイニング情報も手にすることが出来る無料の仮想通貨専門ニュースアプリです。

 

ソーシャルメディアの大手フェイスブック(facebook)社が独自仮想通貨の開発を検討していると米ニュースメディアCCNが報道しました。

Cheddarのインタビューで記者のAlex Heath氏は

フェイスブックが独自のデジタルトークンを作成することに関心を持っており、20億人以上のユーザーが政府支援のない通貨で取引を容易にすることができる。
また、ビットコインやイーサリアムのような人気のある暗号通貨の基盤となるブロックチェーンテクノロジーを使用することができる他の方法も検討しています。

と語ったようです。

ソーシャルメディアの大手Facebookは、独自の暗号化を解除するメリットを模索していると、Cheddarは報じた。

その$ 533十億時価総額電流より$ 140十億も大きい-問題に精通している匿名の情報源を引用し、先輩記者アレックス・ヒースは、同社がと言っcryptocurrency市場キャップそのblockchain研究の焦点を向けることを真剣に考え、高レベルの議論を保持しています-チームは独自の暗号化を解除する予定です。

ヒースは言った:

"ソースは、Facebookが独自のデジタルトークンを作成することに特に関心を持っていると言い、20億人以上のユーザーが政府支援の通貨なしで取引を容易にすることができる。Facebookはまた、ビットコインやエターリアのような人気のある暗号化の基盤となるこのコアブロックチェーンテクノロジーを使用することができる他の方法も検討しています。

同氏は、ブロックチェイン技術を使用してID照合を改善し、バックエンドインフラストラクチャを保護する方法を評価しています。たとえそれが顧客データの管理方法を含む場合もあります。

CCNが報告したように、Facebookは先週、ブロックチェイン技術の研究に専念する新しいチームを創設したと発表した。そのチームは、Coinbaseの取締役会メンバーでもあるデイヴィッド・マーカス(David Marcus)の幹部が率いるチームです。

以前はPayPalの社長を務めていたMarcus は、暗号化通信のための率直な提唱者であり、デジタル決済会社での彼の経験は、このスペースへのFacebookの潜在的可能性を監督する理想的な選択肢になっています。

このベンチャーは、Facebookがブロックチェーンインフラストラクチャを構築しようとしているときに、暗号化業界で「戦略的買収」を行う可能性が高いと考えている。

議論はまだ暫定的であり、もしFacebookが独自の暗号侵害を出すことに決めるなら、それはおそらく「離れている」だろう。

Facebookは独自の暗号化を開始する唯一のソーシャルメディアプラットフォームではないだろう。テレグラムは、Telegram Open Networkと呼ばれる第3世代のブロックチェーンを立ち上げるための初期コイン・オファリング(ICO)を通じて17億ドルを調達したと述べ、チャットアプリKikはKinと呼ばれるブロックチェーントークンを作成している。

ヒース氏によれば、現在、ICOを保有しようとしているのは、同社が貸借対照表に何十億ドルもあるからだ。また、トークンを売却することは、すでに破られている評判に悪影響を及ぼしかねないからだ。代わりに、会社はコインをユーザーに吹き飛ばしたり、他の方法で報酬を与えたりすることができます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事