スポンサーリンク

ドイツ2位の規模を誇る証券取引所ベエルゼ・シュトゥットガルトの子会社であるゾーワ・ラブスが、9月に手数料無料の仮想通貨取引アプリ[Bison(バイソン)]をリリースすると発表しました。

Bison(バイソン)は、リリース当初はビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)・ライトコイン(LTC)の4種類の仮想通貨の取引に対応し、今後も取引銘柄を追加していく予定です。

またBison(バイソン)では英語・ドイツ語で使用可能で、登録の複雑さと身元証明の提出などが容易になると報道されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事