スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

昨夜お伝えした、仮想通貨取引所HitBTCが日本人向けの仮想通貨取引などのサービスを中止するHitBTCが公式発表しました。

発表の内容は日本からのIPアドレスで登録・ログインをした人などを対象に、日本人かどうかの確認を行い6月16日(土)以降一時的には取引ができなくなるとのことです。

HitBTCでは日本で話題になっているICOが最初に上場される仮想通貨取引所として知名度がとても高い取引所です。

最近では、なんJコイン(NANJ)、ウィズコイン(WITH)、モルドコイン(MLD)、ノアコイン(NOAH)、パトロン(PAT)が上場しており、取引が活発にされていました。

さらに直近ではバンクエラ(BNK)の上場も公式発表されていた為、上場を楽しみにしていた日本人トレーダに取っては大きな痛手となります。

今後の再開に期待をするとともに、現在HitBTCで通貨を保有している方は、レジャーナノSなど各通貨対応のウォレットに資金移動をすることが必要となります。

HitBTCは、日本の決済サービス法に基づき、一時的に日本の住民に仮想(暗号化)通貨サービスを提供することを中止した。
日本で登録されたIPアドレスまたは日本国内に登録されている他のサービスからサービスを利用していることが検出された場合は、KYC手続内の居住に関する情報を提供して、あなたが日本の居住者ではなく、検証されたPROアカウントを開設することに興味がある場合は、FCA規制の英国のブローカー会社であるSequant Capital Limitedの助けを借りてこれを行うことができます。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事