スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

韓国人口の推定93%が利用するメッセージアプリ「カカオトーク」を運営するカカオ社は独自通貨発行のためのICOを検討してると韓国メディアBlockchain News Koreaが報道しました。

それに伴い、ブロックチェーン技術に重点を置いた子会社「カカオブロックチェーン」を設立しています。
事業計画や目的はまだ不明となっています。

現在、韓国では国内でのICO実施は禁止されている為、国外でICOをおこなう可能性があるとも伝えられています。
3月20日に行われる記者会見で、具体的な計画を説明するためのロードマップを発表する予定です。

~翻訳~

The Korea Heraldのレポートによると、韓国のモバイルメッセージングアプリのトップカカオは、独自の仮想通貨を立ち上げ、海外市場での独自のブロックチェーンプロジェクトの資金調達を計画している。

カカオの主力メッセージングアプリカカオトークは韓国のモバイルメッセージング市場の93%を占め、ほぼすべてのスマートフォンユーザーが幅広く使用しています。

カカオは、カカオ・ブロックチェインという名前の新しい子会社を、地元のスタートアップ・アクセラレータのエグゼクティブ・エグゼクティブ(経営幹部)と結成した。

おそらくテレグラムの最近の大規模な10億ドルのICO資金調達の足跡に続いて、カカオはいくつかの異なる業界で事業を強化するために独自の暗号を発行しようとしています。

韓国政府がICOに対して正式に規制していることから、カカオブロックチェーンは、国内事業の海外市場におけるICO資金調達に焦点を当てる予定です。

これは、カカオが第1位のcryptocurrency exchangeの取引量で23%の株式を保有しているため、カピオカが最初に暗号侵害の分野に進出したことにはなりません。

業界関係者は、成功したと判断されれば、より多くの民間企業が資金調達を支援するためにICO市場に参入しようと考えている。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事