スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットフライヤー
言わずと知れたビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
セキュリティも非常に高く世界一の評価を得ています。初心者の方は必ず開設しておきたい取引所です。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。


韓国のニュースサイトLive Coin Watchは韓国政府は近日中ににICOを解禁し、一定の条件付きでのトークン販売を許可すると報道しました。
韓国では現在はICOや仮想通貨取引に関して様々な規制が設けられています。

・新規仮想通貨公開(Initial Coin Offering:ICO)の禁止
・農協、企業、国民、新韓、産業、光州銀行など6つの銀行が仮想通貨実名確認入出金サービスを開始
・トレーダーの実名口座と仮想通貨取引所の同じ銀行口座のみ入出金が可能
・実名制の切り替えが本格的に施行されても仮想通貨取引のための新規の仮想口座発行はしばらく遮断
・未成年の取引利用は排除
・取引き限度額の設定
・外国人は韓国国内の仮想通貨取引所で韓国ウォンを入金出来なくなる

今回の報道が事実であれば、再び仮想通貨大国である韓国の仮想通貨市場に活気が戻ることが大きく期待されます。

~翻訳~
韓国・タイムズ、韓国日報、韓国最大の新聞の1によって設立され、ビジネスに焦点を当てた主流メディア企業は、報告された韓国政府はすぐに初期コイン供物(ICOS)にその禁止を逆転し、一定の条件付きトークンの販売を許可すること。

昨年、韓国政府は国内のICOを禁止し、地元の投資家がICOに投資することを禁止した。その結果、多くのブロックチェーンプロジェクトは、韓国をスイスのような地域に残しました。これは、暗号化ビジネスとICOプロジェクトのためのフレンドリーな規制枠組みを導入しました。

今月、カカオトーク、KakaoTaxi、およびKakaoPayに国の最も広く利用されているメッセージングプラットフォーム、タクシーサービス、およびフィンテックアプリケーションを動作させる韓国最大のインターネットコングロマリットカカオは、アジアビジネス、韓国でのビジネスに焦点を当てたメディア企業に語っていること、 12,000人の加盟店や数百万のユーザーが暗号方式を支払い方法として利用できるように、BitcoinやEthereumのような暗号化通貨をKakaoPayに統合する予定です。

カカオ氏はまた、世界市場で最大の暗号トラヒック交換によって導入されたトークンであるBinance Coinと同様の方法で動作する可能性のある、独自の暗号化の開始を示唆した。しかし、国内のICO禁止措置のために、カカオ代表は、韓国以外の地域でICOを地方自治体の規制を迂回するように実施する可能性が高いと述べた。

この問題に精通した韓国政府内の情報筋によると、韓国時間:

「金融当局は、特定の条件が満たされた場合に、韓国内のICOを許可する計画について、国の税務署、司法省、その他の関連する官庁に話している」と述べた。

ここ数ヶ月、韓国政府は、地方の暗号侵害市場に関する2つの大きな懸念、すなわち税金と匿名性を表明している。韓国政府は、韓国のウォンを使って、匿名の口座開設を禁ずるためのさまざまな措置を既に講じている。また、韓国の暗号侵害市場におけるプレミアムを下げるイニシアティブの一環として、外国人が暗号化取引を取引することを禁止している。

しかし、政府は、地方の暗号暗号市場とその中の投資家に対する課税政策を決めるのに苦労している。韓国のいくつかの主流のメディア・コンセントは、特に大規模な取引や疑わしい活動が発見された場合、地方の暗号通信と銀行が国税庁に情報を送信し始めたと示唆した。

もう一つの情報源は、政府が個人投資家と小売業者の両方から資本流入のデータをICO市場にアクセスできるならば、ICOと投資家がトークン販売に参加することを政府が許可していると韓国時間に語った。

「付加価値税、キャピタルゲイン税、あるいはその両方の課税など、さまざまなシナリオがあります。また、地方の暗号暗号交換による法人税の徴収や、許可を受けたライセンス交換の開始についても議論が行われている」と語った。

ICOの合法化はまだ比較的遅れており、国内のブロックチェーン企業やICON(ICX)などのICOは、既存の規制と矛盾することなく、完全な自由をもって行動することができます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事