スポンサーリンク

大手メッセージアプリLINE(ライン)が、韓国でブロックチェーン技術を扱う子会社Unblock(アンブロック)を設立したとLINE(ライン)の韓国語版サイトにてアナウンスしました。

~翻訳~
・ブロックチェーン 技術 専門 子会社 「アンブロック」(unblock) 設立 により ブロックチェーン 市場 本格 参入

・既存の LINE サービスの ブロックチェーン の技術 融合 により、 新たな 価値 付与 計画
・初代 代表に ブロックチェーン ビジネス の専門家として よく 知られている イフイオ 前 AD4th 共同創設者 内定
・今後 ブロックチェーン 関連 の専門 人材 採用 計画

グローバルモバイルプラットフォームサービス会社ラインプラス(LINE Plus /以下LINE、 代表: シンジュンホ)はブロックチェーン技術専門子会社 「アンブロック(unblock)」 発足を介してブロックチェーン事業を本格化すると2日、明らかにした。

今回の 「アンブロック」 の設立はLINEのブロックチェーン市場進出の最初の砲門で、 その中にグローバルメッセンジャーサービスを運営してき技術的能力に基づいてブロックチェーン事業に拍車をかける計画だ。 また、LINE内部の様々なサービスにブロックチェーンの技術を融合することにより、技術革新を通じた新たな価値を付与することが期待されている。

LINE は 「アンブロック」を導く招待代表としてブロックチェーンビジネス分野の専門家として知られているイフイオ前(前)ブロックチェーンベースのデジタル広告会社 AD4th 共同創設者を選任した。 この代表は KTB ネットワーク、IDG Ventures、 鼻マグニなインベストメントなどのベンチャーキャピタルから 20年間、 IT 分野のベンチャー投資家として活動している。 また、 この代表はブロックチェーン関連ビジネスやスタートアップ育成のための教育放送を進行した。

LINE の関係者は、 「LINEは 「アンブロック」 発足と同時にブロックチェーン業界の先導的役割を遂行するために積極的な投資を行う計画」 としながら、 引き続き 「そのためにトークンエコノミー設計、 アクセラレーティング投資と育成、 パスワード貨幣マーケットリサーチなどのブロックチェーンの分野での専門知識を持った多様な人材の発掘のために採用を計画中」と伝えた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事