スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

スマホ向けゲームアプリなどを開発しているインターネット企業モバイルファクトリーは、スマートフォンのゲームなどで仮想通貨を利用できるブラウザを開発すると発表しました。ブロックチェーン(分散型台帳)技術を取り入れたゲームなどのサービスを開発や、独自トークンを発行、2018年夏頃にモバイル対応のブラウザ兼仮想通貨ウォレットpochi - ポチ(仮)をリリースする予定となっています。

「ブロックチェーン関連サービス」着手の背景

ブロックチェーン関連サービスの開発に着手した当初は、当社が最も強みを持つ「ゲーム分野」での進出を構想していましたが、Ethereum(イーサリアム)に代表されるブロックチェーンプラットフォーム上に先行してリリースされている複数ゲームを研究した結果、以下のような課題(※1)があることがわかりました。

1回のトランザクション(取引)の手数料が高いこと(例:1アイテム購入につき数百円の手数料)
スマートフォン等のモバイル環境での動作が想定されていないゲームが大半であること
開発環境の構築や独自言語の習得によるディベロッパー参入障壁が高いこと
そこで、当社が研究開発を進めているゲームでは、上記課題を可能な限りクリアした上で提供することがユーザー様の満足につながると考え、ゲームだけでなくアプリケーションプラットフォームやモバイル対応のブラウザ兼仮想通貨ウォレットの研究開発にも着手することを決定しました。

「ブロックチェーン関連サービス」今後の展開について

モバイル対応のブラウザ兼仮想通貨ウォレット「pochi - ポチ - (※仮称)

フェーズ1として、モバイル環境に対応したブラウザ兼仮想通貨ウォレット「pochi - ポチ -」の提供を予定しています。2018年夏頃のリリースを予定してします。「pochi - ポチ -」によって、ユーザー様がより使いやすい環境での仮想通貨管理が可能となります。

仮想通貨取引は世界で急拡大しており、金融庁によれば、2018年3月末時点のグローバルのイーサリアムのウォレット数は3200万を超えています。(※2018年4月10日付 金融庁『「仮想通貨交換業等に関する研究会」(第1回)』議事次第より)

利便性の高いブラウザ兼仮想通貨ウォレット「pochi - ポチ -」により、当社と仮想通貨利用者とのタッチポイントを増やすことができ、今後のさらなる拡大が予想される仮想通貨経済において、基幹的なポジションを狙える可能性があります。

アプリケーションプラットフォーム「uniqys – ユニキス - (※仮称)

その後、フェーズ2としてアプリケーションプラットフォーム「uniqys - ユニキス -」のリリースを目指し、現在、研究開発に着手しています。「uniqys - ユニキス -」では、「pochi - ポチ -」を用いてユーザー様が容易にアプリケーションをご利用できます。

また、アプリデベロッパー(開発者)様にとっては、当社が考える課題(※1参照)をクリアしたプラットフォームが構築されることになり、よりユーザー満足度の高い環境でのサービス提供が可能となります。

「uniqys - ユニキス -」については、リリースの見通しが立ち次第、改めてお知らせします

「uniqys – ユニキス - (※仮称)」上のゲーム

フェーズ3として、「uniqys - ユニキス -」のリリースと同時に当社自身がアプリデベロッパーとしてゲームを提供する準備を進めています。当社がこれまで培ってきたゲーム開発の経験やノウハウを反映させ、新しいプレイ体験となるようなゲームを構想しています。

また、今後においては、ゲームだけでなく様々なアプリケーションの提供も想定しています。

スポンサーリンク

将来の展望について

上記各フェーズの実現により、これまでの中央集権的なプラットフォームとは異なった、分散型(非中央集権的)エコシステムの構築を目指しています。エンターテイメント分野はもちろんのこと、社会の様々な場所で利用されることが期待されるブロックチェーン技術を最大限に活用した新しい経済を生み出したいと考えています。

コンプライアンス充足について

プロジェクトの進行に当たっては、法的な要請の充足や会計・税務の基準等の明確化が必要であることは言うまでもなく、それぞれ各専門家とともに進めております。必要に応じて監督官庁とも協議を進めております。

 

参考:Mobile Factory

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事