スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

Paccoin(PAC)がハードフォーク

2018年3月1日に1円以下で購入できることなどから草コインと呼ばれる仮想通貨の代表格であるパックコイン(Paccoin・PAC)がハードフォークをして$PACが誕生しました。

ハードフォークによる変更点は?

※ここでは旧PACコインと新PACコインと表記します。
・アルゴリズムが変わり旧PACコインとの互換性がなくなる
・ベース通貨がダッシュ(DASH)へ変更
・アルゴリズムがSHA256からX11へ変更
・POSはマスターノード(500,000$PAC)のみで可能、
・3月1日より1000:1の割合で旧PACコインから新PACコインと交換開始
・6月1日より2000:1の割合で交換する際のレートが変更
・9月1日より4000:1の割合で交換する際のレートが変更

スポンサーリンク

新PACコインの交換方法は?

旧PACの保有者は新PACコインへ交換することができます。

海外取引所CryptopiaやYobitで旧PACコインを保有している場合は自動的に新PACコインへ移行しているようです。
※旧PACコインの保有枚数が1000/1にります。

※ウォレット等で旧PACコインを保有している方はご自身での交換対応が必要となります。
詳しい$PACへの移行方法に関しては運営公式より移行手順が出ているのでこちらをご覧ください。
http://download.paccoin.net/Paccoin_Redemption_Instructions.pdf

交換する時期が遅くなるにつれて交換レートが減少しているので旧PACコインを保有している方は早めに新PACコインへ交換することをお勧めします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事