スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

現在、githubで新しいロゴデザインを募集していて、既に数多くの応募があり話題になっているリップル(Ripple・XRP)の新しいロゴマークですがリップル社も公式ツイッターで新しいロゴマークを提案しました。

現在はリップル社の企業ロゴと通貨リップル(Ripple・XRP)のシンボルが同じデザインを使用している為、混同してしまう人が多いので、通貨リップル(Ripple・XRP)のロゴデザインを変更することにより区別化を図る構えのようです。

リップル社が提案している新しいXRPシンボルである「x」は、国境を越えて効率的に資金を移動するXRPの役割を部分的に指しています。
また、「x」は数学的に、コミュニティがXRPとXRP元帳でイノベーションを推進するのと同じように、エンティティが相互に構築してより大きなものを作り出す乗数効果を示唆しています。
上矢印と下矢印は送受信を表します。
トランザクションの完了の2つの側面のようなバリュー交換と、異なるエンティティ間の接続の増加の可能性。その曲線の有機的な形状は、人間の形態を示唆しています。これは、XRPとその生態系をサポートするコミュニティにとってのノードです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事