スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。
仮想通貨ニュースアプリ

ICOChannel
国外のICOプロジェクトを和訳してお届け!
最先端の海外発の和訳されていないICOプロジェクトのホワイトペーパーやPR動画が日本語で理解できます。
国内外の仮想通貨マイニングについての最新情報をお届け!
実際の運用レポートや最新機器などの情報など、
既にマイニングをされている人やこれから取り組もうとしている事業者にも有益な情報が手に入ります。
最新の仮想通貨情報から独自のマイニング情報も手にすることが出来る無料の仮想通貨専門ニュースアプリです。

 

リップル社が新しいプロジェクト『Xpring(スプリング)』を発表しました。

Xpring(スプリング)は通貨XRPとXRPレジャーに関わる製品やサービスを開発する企業に、投資、インキュベート、M&A、補助金等の支援を行うプロジェクト国際送金以外でリップル社が提供する初の主要プロジェクトとなります。

簡潔にまとめると、仮想通貨リップルやリップル製品を使いたい企業に対し、リップル社が投資をするというプロジェクトです。

既にXpring(スプリング)には多くの企業がオファーをしており注目の高さが伺えます。

~翻訳~
サンフランシスコに本拠を置くRipple社は、XRP暗号化のクリエイターが、XRP (Xpring)と呼ばれる新しいプロジェクトを発表しました。これは、XRPの製品とサービスを開発する企業に財務的支援を提供するものです。今日は290億ドルを超える。

現在、リップルはテストされているか、複数の銀行によって使用されていますが、それ以上のものではありません。同社はXpringでそれを変更しようとしている。Rippleは、デジタル資産XRPおよびXRP元帳を利用する企業に投資、インキュベート、取得、補助金を提供します。

公式の声明では、リップルチームは言った:

「XRP LedgerのコードベースとXRPの大きな所有者の主要な貢献者として、起業家や開発者からは、XRP関連のプロジェクトを支援するためのサポートが必要なことがよくあります。非投機的なユースケースを牽引している数少ないブロックチェーン企業の1つとして、われわれは起業家を意味のある形で支援する独自の立場にあると感じている」

Rippleはまた、XpringとRippleの開発者プログラムを率いる上級副社長としてEthan Beardを迎え入れました。Ethanは2009〜2012年にFacebook Developer Networkのディレクターを務め、Facebook APIの世界的な開発者関係、営業、製品マーケティングを監督しました。Facebookの前は、ソーシャルメディアのディレクター、Googleの新しいビジネス開発担当ディレクターを務めました。

「私は新興企業が新技術や開発を活用して成長するのを手助けしています。フェイスブックでは、ゲーム、音楽、ニュースなどの分野の企業が、私たちのプラットフォームを大企業に利用することができました」と、Ethan Beard氏は述べています。「ブロックチェーンとデジタル資産は重要な問題を解決する能力を持ち、速度、スケーラビリティ、現実のユースケースを実証したXRPは、スタートアップや起業家がビジネスを構築するための素晴らしいツールです」

Rippleは既に資金を出しているプロジェクトをいくつか発表しました。ちょうど先月、彼らはブロックシャインキャピタルの1億5,000万ドルのVCファンドにXRPに2500万ドルを投資しました。Blockchain Capitalは現在、Coinbase、Circle、Krakenなどの企業への投資を含め、350百万ドル以上の資産を管理しています。

今年の初めに、Rippleの役員Stefan Thomas(CTO)とChris Larsen(執行役員兼共同設立者)がOmniに投資しました。Rippleの投資ではありませんでしたが、同社は間もなく市場でXRPを通貨として統合します。

XRPトークンは現在、ユースケースが限られています(しかし成長しています)ので、新しいイニシアチブはすでに大きな時価総額を補うことができます。また、新しいプロジェクトが製品を作り、Rippleからのサポートを得るための資金を確保するのに役立ちます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事