スポンサーリンク

スイス金融監督院(FINMA)は、当局が資金調達法を監視し、マネーロンダリング防止法や有価証券のいずれかで規制することを明らかにするICOガイドラインを発表しました。

~翻訳~
スイス金融監督院(FINMA)は最近、監督当局が資金調達法を監視し、マネーロンダリング防止法や有価証券のいずれかで規制することを明らかにする初期コイン・オファリング(ICO)ガイドラインを発表した。

FINMAは、規制当局がスイスに本拠を置くICOの数が急増したことにより、適用される規制に関する照会件数が増加したことを指摘し、ファイナンシャルタイムズによれば、FINMAは既に100以上のガイダンスの要求を受けています。

組織のプレスリリースは、金融市場法および規制がすべてのICOに適用されるわけではないことを明確にすることから始まります。そのような状況では、ケースバイケースで状況を分析する必要があります。 このガイドラインは、発行されたトークンの目的だけでなく、トークンがICOの時点で取引可能で譲渡可能であるかどうかの両方に基づいて規制が実施されることを明らかにしています。現時点では、スイスや世界の他の種類のトークンの種類については、認識されていない用語があるため、FINMAはハイブリッドの可能性の3つのタイプを特定しています。

FINMAのICOトークンカテゴリ
レギュレータは、3つの異なるICOトークンカテゴリを明らかにするために続けます。最初のカテゴリには、「他の開発プロジェクトへのリンクや他の開発プロジェクトへのリンクがない」cryptocurrenciesである「支払いトークン」があります。これらは本質的に支払い方法として使用されるトークンです。

第2のカテゴリーには、特定のアプリケーションまたはサービスへのデジタルアクセスを提供するために使用されるユーティリティートークンがあります。最後に、基盤企業の資産や収益の流れを表すアセット・トークン、または配当や利払いに対する所有者の資格を与えるアセット・トークンがあります。

述べたように、規制当局は、金融仲介機関に「有益な所有者の身元を証明する」ことを要求する反マネーロンダリング法の下でICOを規制し、その場合、規制当局は市場参加者が「信頼できる最低限の情報」である。さらに、代理店取引は公正かつ信頼できるものでなければならない。

これを考慮して、FINMAは、発行するトークンの種類に基づいて、3つの異なるカテゴリにしたがってICOの問い合わせを処理することを明らかにしています。

支払いICO(支払いトークン)
これは、譲渡可能であり支払い手段として機能するトークンを発行するものです。彼らはマネーロンダリング防止規制に従わなければならないが、有価証券として扱われることはない。

ユーティリティICO(ユーティリティトークン)
これらは、目的がアプリケーションまたはサービスにデジタルアクセス権を付与することである限り、有資格とはみなされません。ユーティリティトークンが経済的な投資として機能する場合、それはセキュリティとして扱われます。

資産ICO(資産トークン)
これらのICOで発行されたトークンは有価証券とみなされます。これは、例えば、彼らが保有者に配当を支払ったり、収入の流れに権利を与えたりすると、株式や債券のように扱われることを意味します。これらは厳しい要件の対象となります。

規制当局は、上記のカテゴリーの1つ以上にICOを含めることができることをさらに認識しています。したがって、マネーロンダリング防止法は、例えば、資産ICOに適用することができます。FINMAのCEOであるMark Branson氏は、

「ICOのプロジェクトと調査のバランスのとれたアプローチにより、合法的なイノベーターは規制面をナビゲートし、投資家を保護する法律と金融システムの健全性に合致した方法でプロジェクトを立ち上げることができます。 」

世界中の規制当局は一見、ICOを支援し始めている。ジブラルタルの金融監督当局は、CCNがカバーしているように、最近、ブロック・チェーンに基づくトークン・オファリングをその領域で開発することを発表しました。スペイン政府は伝えも立法準備している、特に国にblockchain企業を誘惑するために税制上の優遇措置が含まれる場合があります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事