スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。
仮想通貨ニュースアプリ

ICOChannel
国外のICOプロジェクトを和訳してお届け!
最先端の海外発の和訳されていないICOプロジェクトのホワイトペーパーやPR動画が日本語で理解できます。
国内外の仮想通貨マイニングについての最新情報をお届け!
実際の運用レポートや最新機器などの情報など、
既にマイニングをされている人やこれから取り組もうとしている事業者にも有益な情報が手に入ります。
最新の仮想通貨情報から独自のマイニング情報も手にすることが出来る無料の仮想通貨専門ニュースアプリです。

 

アメリカのタックスリターン(確定申告)が4月17日に締め切りを迎えます。

ウォールストリートのアナリストの一人であるTom Lee(トム・リー)氏は、
4月中旬の納税期限までに仮想通貨が米ドルに大量に売却される可能性がある

と指摘しています。

さらにリー氏は

「多くの取引所は仮想通貨が高騰したことで、去年1年間で約10億ドルの純利益をたたき出した。しかし、ドルではくビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で資産を持っているので、税金を払うためにまさ今に売却しているところだろう。

と続けました。

アメリカでの仮想通貨の普及率はは3~4%程といわれており、タックスリターン(確定申告)が終わると同時に仮想通貨市場に活気が戻ってくると予想している投資家も多いのも事実です。
仮想通貨市場では、アメリカの確定申告期限以降の値動きに非常に注目が集まっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事