スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

ロシア発のメッセージングアプリテレグラム(Telegram)が第3回一般向けのICOを中止したと海外メディアウォールストリートジャーナルが発表しました。

中止の理由は、第1回、第2回と大口の投資家によるICOが既に行われており総額1850億円という史上最大規模の資金調達に成功していた為、資金が十分に調達されたためとされているが、突然の予定変更であるため、真意は別の理由にあるという噂もあります

テレグラム(Telegram)のICOについて

テレグラム(Telegram)新しいブロックチェーンのプラットフォームを構築しようとしています。
プラットフォーム名はTON(テレグラム・オープン・ネットワーク)でトークン名はTONCoin(Grams)です。
コンセンサスアルゴリズムはPoS (プルーフ・オブ・ステーク)となります。

今あるビットコインやアルトコインで取引を処理するキャパシティが十分ではないことや一般ユーザーによる売買に関してのハードルが高いこと、実際に利用できるシーンがまだ世間に浸透していない為、投機目的での購入が大多数を占めている事が懸念として挙げられています。

テレグラム(Telegram)はこれらの問題を解決できるプラットフォームを構築して、テレグラムとTONを統合することで、一般ユーザーでも簡単に入手して利用できる環境作りを提供しようとしています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事