スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。
仮想通貨ニュースアプリ

ICOChannel
国外のICOプロジェクトを和訳してお届け!
最先端の海外発の和訳されていないICOプロジェクトのホワイトペーパーやPR動画が日本語で理解できます。
国内外の仮想通貨マイニングについての最新情報をお届け!
実際の運用レポートや最新機器などの情報など、
既にマイニングをされている人やこれから取り組もうとしている事業者にも有益な情報が手に入ります。
最新の仮想通貨情報から独自のマイニング情報も手にすることが出来る無料の仮想通貨専門ニュースアプリです。

 

中国のネットサービス最大手「テンセント・ホールディングス(騰訊)が今後12か月間でリップル(XRP)に20億ドルを投資する予定だと海外の仮想通貨メディアripplenews.techが報道しました。

「テンセント・ホールディングス(騰訊))は中国で絶大な存在感を誇る企業で中国で一番利用者の多いSNSメッセンジャーアプリ「WeChat」やオンラインゲームを運営している企業です。
現在は株式時価総額で米フェイスブックを抜き「世界5位」となっておりアジア最大の企業です。

~翻訳~
香港 - Tencent、Snapchat、Tesla、Spotifyで株式を買収し、人気のあるメッセージアプリWechatを所有している中国の技術大手、Rippleテクノロジーに投資する準備が整いました。

リップルは、私たちが書いている瞬間、銀行のいくつかの取引を終えている、とCEOによると。リップルとその経営陣は、インタビュー、閉会式、フィンテック会議などを通じてリップルの製品の可能性を示すことを目指しているヨーロッパや米国から多くの良いニュースが届いていますが、実際の大きなニュースはアジア、特に香港同会議に出席した複数の情報筋によると、テンセントの上級管理職および取締役会はリップル技術の提供を承認した。

現時点でリップル(XRP)の価格は0.75ドルです。

論のテーマは、テンセントがリップル(XRP)に投資し、巨額の株式を買い(10-15%)、アジア市場に独占権を与える可能性があるということです。

私たちの情報源によると、Tencentは今後12ヶ月間にXRPで変換する20億ドルを提供する予定です。7月初めの10億人 テンセントの計画は、リップル技術をWechatに統合し、AlibabaとAmazonに対するモバイルペイメントの技術戦争を開始することです。

リプルの支払い用製品は、現在企業、決済プロバイダ、銀行に限定されているxViaは、テンセントがその製品を大衆市場に開放するためのツールです。

1月には、テンセントホールディングスが2015年以来初めて債務を発行した米国最大のドル建て債券50億ドルを売却し、ムーディーズの格付けによれば財務状況は質の高いものであった。

テンセントは来週、このオファーを発表する準備が整いました。私たちはコメントを要請しましたが、返信はありませんでした。

我々は、あなたが取引についてのより多くのニュースのために投稿し続けるでしょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事