スポンサーリンク
セキュリティが安全な取引所
bitbank
24時間の取引量で国内2位を誇る現在急成長中の取引上です。なかでもリップルは世界で3位の取引量で指値注文もできます。スマホアプリもリリースされ使いやすさも抜群です。
ビットトレード
仮想通貨の種類が豊富・板取引・指値取引が可能
ビットコイン(BTC)を始め、日本人に人気の「XRP」「MONA」も揃えており板取引・指値注文も可能。
Zaif
テックビューロ株式会社が運営する業界最大手の仮想通貨取引所です。
全ての通貨が指値注文ができ、取り扱い通貨も非常に多くZaifでしか買えない通貨も多々あります。

グーグル(Google)やフェイスブック(Facebook)で仮想通貨関係の広告が禁止されているというニュースをお届けしたばかりですが、今度はツイッター(Twitter)でも仮想通貨取引所やICOの広告を禁止する動きがあると海外メディアnews.sky.comが報道しました。
ツイッター社は新たな広告に関する規約が2週間以内に公開される予定ですが、その規約の中に仮想通貨関係の規約が盛り込まれる可能性があるようです。

~翻訳~
Twitterは、規制当局への介入が激しさを増すなかで、さまざまな暗号侵害広告を禁止する準備を進めている。

マイクロブログのプラットフォームは、不正行為の懸念から財務広告を制限しているFacebookやGoogleの同様の動きに倣っている。

スカイニュースは、新しい広告ポリシーが2週間以内に実施されることを理解しており、現在、初期コイン商品(ICO)、トークン販売、および暗号違反財布の広告を世界中で禁止しています。

:: Elon MuskフェイクがTwitterで数千を盗む

Twitterは、ポリシーが開始されたときに、いくつかの例外を除いて、暗号化交換のためのすべての広告を禁止することもできます。

1月のFacebookの発表によれば、「誤解を招くまたは欺瞞的な宣伝活動に頻繁に関連する」金融商品やサービスを宣伝する広告の禁止が始まるだろう。

水曜日、Googleは、初期のコイン・オファリング、暗号化交換、ウォレット、トレーディング・アドバイス・サービスを含む、暗号化通信および関連コンテンツの広告を制限することも開始すると発表した。

FacebookとGoogleは、英国の犠牲者の損失が6年間で40万%増加したことを示したAction Fraudからの数字のリリースに伴い、バイナリオプション取引の広告も禁止した。

今月初め、イングランド銀行のマーク・カーニー(Mark Carney)知事は、スカイ・ニュースに、クリプトカルトが規制違反に直面し、「違法行為に対抗するために暗号資産エコシステムの要素を規制する」時が来たと警告した。

Carney氏は次のように述べています。「暗号化の問題には数多くの問題がありますが、今は小さくても大きくなっています。

G20会合で議論し、現在イングランド銀行で話し合っている。金融政策委員会は、財政安定のリスクを検討している。

「マネー・ローンダリング、テロリスト・ファイナンス、価格改定に関わる当局には問題があり、大きな犯罪だけでなく人々の財布からの盗難も頻発している。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事