スポンサーリンク

世界初の仮想通貨の格付けをおこなったことで有名なWeiss Rating社今は投資すべきでない12種類の仮想通貨銘柄を発表しました。

今は購入すべきでない仮想通貨銘柄

Weiss Ratingsの格付けはは各のコインのリスク、リターンの可能性、技術、ファンダメンタルズなどを総合して算出されています。
現段階でD評価よりも低いコインは以下の12種となります。

・Auraracoin (D-),
・Comet (E-),
・Electroneum (E+),
・Expanse (E),
・Gulden (D-),
・Matchpool (E),
・Magacoin (E-),
・Novacoin (E),
・PotCoin (D-),
・Quark (E-),
・Rise (D-)
・SaluS (E-)

仮想通貨投資で失敗しない為に

また、Martin D. Weiss氏が仮想通貨投資におけるルールについて語っていますのでお伝えしたいと思います。
多くの仮想通貨初心者は、買い時を間違っています。通貨が上昇トレンドに乗り、高騰仕切ったところで暴落する直前に購入している投資家がが多くいます。
これにより、投資したお金を失うばかりでなく、投資意欲も失せ、本来のビックチャンスを見逃してしまっているのが大変残念です。
この失敗をを避けるために、仮想通貨投資の際の基礎的なガイドラインをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

多大な投資をしない

よほどのギャンブラーでない限り、投資額を資産の5%以内に制限すべきです。

大波を避ける

大きな放物線のラインは大変魅力的に感じますが、最悪の買い時なのです。
価格がまだ低いうちに、少量のコインからの投資を始めましょう。
そして、また少し価格が落ちたら買い足しましょう。現在、仮想通貨は比較的静かに横の動きをしています。
仮想通貨の将来性、そして新しいネットの技術から見て、今は仮想通貨のポートフォリオを構築する最善の時ではないでしょうか。

投資に最適なコインは有名であるとは限らない

ビットコインの様な有名な銘柄はそれなりの儲けを得る可能性があるでしょう。
但し、利益のポテンシャルと最新の技術の両面を持ち合わせているとは限りません。新しい技術を導入しているEOSNEOも考えてみましょう。

仮想通貨を取引所に保管しない

ハッキングや事故のもとです。コインを自己管理できるウォレットで安全に管理しましょう。

後継者を任命しておく

もし、あなたに何かが起きた時、または大切な情報を忘れてしまった時の為に、最も信頼のおける人にログインやキーの情報を伝えてきましょう。

Weiss Rating社格付けの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事