スポンサーリンク

バイナンス(Binance)とは

バイナンスは2017年7月に中国で設立された仮想通貨取引所です。
とにかく取り扱いコインの種類が豊富!!
2017年末に盛り上がりをみせた、いわゆる「草コイン」ブームの一端を担った存在です。
尚、中国にはOKCoinという大手取引所がありますが、そこの幹部が独立してBinanceが設立されました。
既にノウハウを持っていたスペシャリストが立ち上げた仮想通貨交換プラットフォームが故、成長の速度が著しいです。
2017年12月にはBITTREX(ビットレックス)を超えて世界1位の取引高を記録しました。

運営会社情報

バイナンスは、Binance式会社が運営する取引所です。

会社名 Shanghai Bijie Network Technology Co., Ltd(上海比捷网络科技有限公司)
所在地 上海市黄浦区马当路388号SOHU 3Q复兴广场A座2303
代表 Chanpeng Zhao 赵长鹏 Bloomberg Tradebook 最高技術責任者 Blockchain.info 最高技術責任者 OKCoin 共同設立者
設立 2015年08月21日
資本金 5100万円
登録番号 310230000837235
URL https://www.binance.com/

バイナンス(Binance)での取り扱い通貨

バイナンスで取り扱っているコインの種類は国内取引所とは比べ物にならない程の数を扱っています。
ビットコイン(BTC)をはじめ、日本の取引所だとまだ購入できないような、エイダ(ADA)、トロン(TRX)、ネオ(NEO)、オミセゴー(OMG)、ヴェチェーン(VEN)、バージ(XVG)といった人気アルトコインや、今後の成長が楽しみな草コイン等々、その数トータル100種類近く!
更に月に1度ユーザーの人気投票で新しく取り入れる通貨を追加しているので、今後もコインの種類はどんどん増えていくと考えられます。
バイナンス取り扱い通貨一覧

メリット

取り扱い通貨の豊富なバリエーション

上記のようにバイナンスは2018年2月現在で100種類以上の通貨の取り扱いがあり、中には短期間で100倍、1000倍の価格へと上昇した"お宝コイン"も多数ある為、投機としても人気が高いです。

全ての通貨での指値注文が可能

全ての通貨を指値注文ができる点は非常に便利と言えます。
取引手数料も安くすべての仮想通貨の取引手数料がなんと0.1%
また、Binanceは独自のBNBコインを発行しており、BNBコインで売買するとさらに手数料が半額で取引ができるという特典があります。

デメリット

日本円で取引ができない

バイナンスは、海外の取引所になるので日本国内から取引する場合はビットコインやイーサリアム建てでの購入となります。
したがって、まずはビットフライヤー等の日本国内取引所で円建てでBTCやETHを購入した後、コインをBinanceウォレットへ送金して目当ての通貨を売買するという流れとなります。

バイナンスの登録方法/口座開設手順

以下に沿って登録を進めてください。
バイナンス登録方法
バイナンスのトップ画面です。公式サイトへアクセスし、サイト内「Google翻訳」を「日本語」に設定して「登録」をクリックします。

 

パスワード設定

他で使用していない文字列での設定を推奨します。
バイナンス登録方法メールアドレス・パスワードの設定
メールアドレス、パスワードを入力して「登録」をクリック。
バイナンス登録方法パズルを合わせる
画像〇部分をスライドしてパズルを合わせて下さい。
バイナンス登録方法メールの認証
登録したメールアドレスにバイナンスからメールが届きます。
バイナンス登録方法メールの確認
メールに記載されているリンクをクリックして登録完了です。

二段階認証の設定

アカウントの乗っ取りを避けるために「二段階認証の設定」は必ずしておきましょう。
バイナンス二段階認証の設定
二段階認証は、画面右下のGoogle検証より設定が可能です。
バイナンス二段階認証QRコードの読み込み
表示されたQRコードをスマホアプリの「Google Authenticator」で読み込みます。
スマホを紛失したり破損してしまった場合、ログインができなくなるので必ず復元コードを控えておきます。
QRコードをアプリで読み込み後、表示される「ログインパスワード」と「二次検証コード」を入力します。
最後に「Enable 2FA」をクリックします。
これで二段階認証は完了です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事