スポンサーリンク

ビットトレード(BitTrade)とは

ビットトレード(BitTrade) は2016年からサービスが開始された仮想通貨取引所です。
まだまだ新しい取引所なので認知度も高くはないかもしれないですが、実はリップル(xrp)が国内取引所の中では比較的安価に購入できたりとメリットの大きい取引所といえるのではないでしょうか。

運営会社情報

ビットトレードは、ビットトレード株式会社運営する取引所です。

会社名 ビットトレード株式会社/BitTrade Co., Ltd.
所在地 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4階
代表 閏間 亮
設立 2016年9月12日
資本金 5100万円
事業者登録  関東財務局長第00007号
URL https://bittrade.co.jp

ビットトレード株式会社は、FXツール・情報を提供している、FXトレード・フィナンシャルのグループ会社にあたります。
2017年9月29日 、金融庁に正式に仮想通貨交換事業者として登録されました!

ビットトレード(BitTrade)での取り扱い通貨

ビットトレードで取り扱っているコインはビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、モナコイン(MONA)、ライトコイン(LTC)の6種類となります。
ビットトレード取り扱い通貨一覧

メリット

高性能なチャートツール

ビットトレードでは、世界で親しまれ100を超えるテクニカル分析が使えるTradingViewを採用しています。
やはりFX関連の会社ということもあり、チャート周りの機能には一切妥協なしと言った気合を随所に感じます!
「トレンド線」「MACD(マックディー)」「ボリンジャーバンド」「ストキャスティクス」「移動平均線」などにも対応!チャートの見やすさという点だけを見ても、口座開設するメリットはあると思います。

リップルやライトコインの指値注文が可能

アルトコインの指値注文ができるところも好感もてます。
仮想通貨投資初心者に人気のコインチェックやビットフライヤーでは簡単に取り引きをすることができる反面、販売価格が割高だったりする事が…(一概には言えませんが)
指値注文で自分の購入したい売買価格を指定できるのは、特に短期で売買する人には有利と言えます。

デメリット

手数料が若干高い

他の取引所に比べると、売買成立時の手数料が若干高くなっています。
ただし現時点(2018年2月)での見解なので、オンタイムの手数料情報は常にウォッチする事をお勧めします。

ビットトレードの登録方法/口座開設手順

以下に沿って登録を進めてください。

メールアドレスの入力

フリーメールでの登録も可能です。
ビットトレード登録メールアドレスの登録
ビットトレードのトップ画面です。公式サイトへアクセスし、サイト内「メールアドレス」を入力して「アカウント作成」をクリックします。

パスワード設定

他で使用していない文字列での設定を推奨します。
ビットトレード登録メールアドレスの確認
仮登録メールが送られてくるので、メール本文内のリンクをクリックしてください。
ビットトレード登録パスワードの登録
利用規約、取引ルール、リスク事項に同意いただいた後、チェックボックスにチェックをいれ、「登録」ボタンをクリックしてください。
これで登録は完了です。
取引所にログイン後、本人確認情報の入力に進んでください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事