スポンサーリンク

GMOコインとは

GMOコインは東証一部上場会社、GMOインターネット株式会社の子会社が運営している取引所です。
同グループ会社の金融ノウハウが活かされたサービス内容となっています。

運営会社情報

GMOコインは、GMOコイン株式会社運営する取引所です。

会社名 GMOコイン株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
代表 石村 富隆
設立 2016年10月
資本金 17.58億円(準備金含む)
事業者登録 関東財務局長 第00006号
URL https://coin.z.com/jp/index.html

それまでは取引所の運営会社はベンチャー企業が主戦場だったの対して、
このGMOさんの参入は「遂に大手企業が仮想通貨市場に!」そんな衝撃を当時感じた覚えがあります。

GMOコインでの取り扱い通貨

GMOコインで取り扱っているコインはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の5種類となります。
GMOコイン取り扱い通貨一覧

メリット

抜群の安心感とベテラン企業の経験値

なんといっても、GMOインターネット(東証一部上場)グループ会社が運営しているという所が最大の強みなのかなと!
黎明期にある仮想通貨ビジネスを取り巻く環境は、昨今のコインチェックでのNEM(ネム)不正出金だったり、まぁ色々な事が起きてる最中だと思います。
そういう時にインターネットビジネスを黎明期から発展させてきたGMOのような企業さんは、やはりベンチャー企業には持っていない経験値、ノウハウが蓄積されている事は間違いありません。
インターネットの誕生と仮想通貨の誕生って、どこか似たような流れがある気がするんですよね…
そうなると、過去に色々経験してきている会社のサービスは、今後どんどんパワーアップしてくる気がしています。

手数料の安さ

GMOクリック証券でもそうでしたが、手数料の安さもGMOコインの魅力と言えます。
入出金や取引に関してほとんど手数料が無料となっています。

デメリット

買い規制

相場の状況により、たまに買い規制を行う点ですかね。
市場の混乱やサーバーダウンを想定しての懸命な対応ではあると思いますが、ここぞと言う時に買えなかったりする可能性も…。
とはいえ「買いたい時に買えない」は他の取引所でも起こるコトではあるので、複数の取引所口座を事前に開設しておく事をオススメします!

GMOコインの登録方法/口座開設手順

以下に沿って登録を進めてください。

メールアドレスの入力

フリーメールでの登録も可能です。
GMOコイン登録方法口座開設
GMOコインのトップ画面です。公式サイトへアクセスし、サイト内「無料口座開設」をクリックします。

GMOコイン登録方法メールアドレスの登録
「メールアドレス」を入力して「私はロボットではありません」にチェックを入れて「無料講座開設」をクリックしてください。
GMOコイン登録方法メールアドレスの確認
登録したメールアドレス内に書かれている「リンク」をクリックしてください。

パスワード設定

他で使用していない文字列での設定を推奨します。
GMOコイン登録方法パスワードの設定
「パスワード」を入力して「設定する」ボタンをクリックして登録完了です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事